老人性イボに「イボコロリ」は効くの?オススメの塗り薬やケア方法をご紹介!

 

 

30代を過ぎた頃から、

顔や首にポツポツとしたイボができてきてしまった・・・

 

これって、老人性イボ?

そんな悩みを抱えられている方は

もしかしたら多いかもしれません。

 

老人性イボに効くと噂のものは

いくつもありますが、塗り薬やオイルなどで、

 

本当に

「老人性イボに効くもの」

「効かないもの」

がある事をご存知でしょうか。

 

では、いくつか例を挙げて・・・

 

これが効く、

これが効かないという検証をしていきたいと思います。

 

よろしければ、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

⇒老人性イボ改善なら!

 

 

 

イボに効く、イボコロリは老人性イボに効く?

 

さて、イボの治療と言って早く思いつくのは、

「イボコロリ」という商品です。

 

ネーミングからして、

老人性イボに効きそうな感じがしますが、

 

結論から言いますと、

老人性イボにはあまり効果が見られない可能性があります。

 

理由としましては、

イボコロリの特性が、

老人性イボには向いていないという面があります。

 

このイボコロリは、

ウイルスが原因のいわゆる「水イボ」などの

ウイルスを根本から殺菌消毒して死滅させる効果があるのですが、

 

老人性イボは、「古くなった角質の塊」であるため、

ウイルスなどが原因ではありません。

 

つまり、細胞を余計に死滅させてしまって、

逆に肌が荒れてしまう・・・

 

などという可能性があるので、使わないほうが賢明でしょう。

 

逆に言いますと、

水イボなどの「ウイルスが原因」のイボには

効果がとても高いので、原因がしっかりわかっている場合は

イボコロリは高い効果を期待できる商品でしょう。

 

⇒老人性イボをコスメで改善!

 

 

 

老人性イボに効く塗り薬は、何があるの?

 

さて、イボコロリが老人性イボには効果がないことがわかりますと、

「一体何が老人性イボに効果があるの?」

 

という疑問が浮かんでくるかと思います。

 

塗り薬でおすすめしたいのは、

「紫雲膏」という軟膏です。

 

紫雲膏は、

クラシエから出ている軟膏で、

 

古くから皮膚の異常や病気に

使われている漢方由来の塗り薬です。

 

抗炎症作用・抗菌作用・抗腫瘍作用などを持ち合わせていて、

これらの効果が老人性イボに効くと言われています。

 

なぜ、イボコロリは効かなくて、紫雲膏は効くのか?

 

この理由を、次は説明させていただきます。

 

⇒老人性イボをコスメで!

 

 

 

ポイントは「ヨクイニン」!ハトムギエキスの力

 

さて、イボコロリと紫雲膏の違いは、

「ヨクイニン」という成分が

入っているか入っていないかの違いです。

 

 

では、ヨクイニンとは何か?

ヨクイニンとは、ハトムギエキスとも

 

呼ばれているハトムギが由来の成分で、

角質ケアの役割を大きく果たしてくれる成分になります。

 

 

ヨクイニンの成分は、皮膚の新陳代謝を高めて、

新しい細胞を作る時に必要になる成分です。

 

 

不足すると、皮膚が厚くなってしまう

原因になる「ビタミンB」などを

豊富に含んでおり、肌のターンオーバーに一役買ってくれるのです。

 

 

紫雲膏には、この「ヨクイニン」が豊富に含まれており、

肌のターンオーバーを促進して、

古くなった角質を自然に剥がしてくれる効果があります。

 

 

ですので、肌が生まれ変わることによって

古い角質が落ちるので、

老人性イボが一緒に落ちてくれるという事に繋がります。

 

 

紫雲膏などの、ヨクイニンが入った商品で

注意したいことは、「即効性がない」という点です。

 

 

ヨクイニンは、強い成分ではなく、

じわじわと効いてくるものになるので、

 

数日~数週間で効いてくる可能性は、

正直に言ってしまうと低いです。

 

目安としては、1ヶ月~3ヶ月以上継続して塗り続けると、

効果が現れると言われています。

 

ヨクイニンの配合されている商品を試される方は、

気長に時間をかけてケアをする気持ちが重要になってきます。

 

地道に、地道に続けてみて下さい。

 

⇒老人性イボをコスメで!

 

 

 

 

他にもある、手軽な老人性イボのケア方法

さて、実は、日ごろのケアやメイクのクレンジングなど

の時にも老人性イボに効果がある成分があるのです!

 

 

その正体は、なんと「オリーブオイル」!

 

オリーブオイルをクレンジングオイル代わりに使ったり、

マッサージオイル代わりに使うのがとてもオススメなのです!

 

 

オリーブオイルには、

血液中の悪玉コレステロールを下げてくれたり、

 

 

アンチエイジング効果があり、

乾燥肌の対策にも使えるほかに、

しわやシミ取りの効果も期待が出来ます。

 

 

しわやシミに効くだけではなく、

毛穴に詰まった皮脂や、

 

酸化して固まった角栓を取る効果があり、

鼻などにできてしまう黒いポツポツにも効果があるのです。

 

そして、何よりおすすめしたいのは、

オリーブオイルの抗酸化作用です。

 

抗酸化作用は、肌の老化を予防する効果があり、

これによって肌のターンオーバーが正常になって、

角質がうまく剥がれ落ちてくれる効果に繋がります。

 

 

オリーブオイルは、特にオススメしたいのは

エクストラヴァージンオリーブオイルです。

 

エクストラヴァージンオリーブオイルには、

普通のオリーブオイルよりオリーブの実や種の成分が

詰まっているので、より大きく効果を得ることができるのです。

 

 

使い方としては、メイクのクレンジングオイル

代わりに使った後に、

石鹸などで洗顔しながら洗い流す方法と、

 

 

数日に1回、マッサージオイルとして少量を使ったあと、

蒸しタオルや洗顔で落とす方法があります。

 

 

やはり、使い心地は多少ベタベタしてしまうので、

しっかり落とすことが重要になってきます。

 

 

このオリーブオイルも、

即効性があるものではないので、

 

じっくり毎日のケアに取り込んで

ゆっくり効くまで試されることをオススメします。

 

⇒老人性イボをコスメで治す!

 

 

 

料理の際にもオリーブオイルは使えるので、

料理用のついでに購入されることをおすすめします!

 

 

 

ここまでのおさらい。オススメの肌ケア方法を振り返ってみましょう

 

 

さて、ここまでで、色々な肌のケアをご紹介しましたが、

肌にオススメのケア方法を、ここで一度振り返ってみましょう。

 

 

・肌に老人性イボができている場合

肌に老人性イボができている場合は、

ヨクイニン(ハトムギエキス)の入った

軟膏やクリーム、サプリメントなどを摂取してみましょう。

 

軟膏でオススメできるのは、クラシエから出ている紫雲膏。

 

即効性はありませんが、

数ヶ月かけて効いてくるタイプの成分なので、

焦らずに効果を待つのが良いでしょう。

 

 

・老人性イボの解決と、イボが出来づらい肌にするために

紫雲膏のほかにも、オリーブオイルによるクレンジングや、

数日に1度のオイルマッサージに使う方法がオススメです。

 

鼻にできる黒いポツポツなどにも効果があるのと、

どこでも売っている、

手に入りやすい商品ですので

気軽に試すことができるのが利点と言えます。

 

 

使う際には、エクストラヴァージンオリーブオイルを使うと、

成分がより凝縮されているので、更にオススメです。

 

 

ここまでのおさらいで、使いやすそう、

試しやすいと思った事は是非実践してみてください。

 

私は、オリーブオイルによるケアを実践していますが、

肌がモチモチとして、潤いを感じています。

 

そして、ポツポツが消え始めて

おでこなどがなめらかになってきていると実感できています。

 

老人性イボの治療は、病院でもできますが、

一過性のものに過ぎず、

 

まずは「老人性イボができにくい体質」

を作ることが重要になってきます。

 

ですので、対策と同時に予防できる

これらの成分を摂取していくことが重要になってきます。

 

そして、大切なのは、

バランスの取れた食生活や十分な睡眠時間。

 

これらを守るだけでも、

肌のターンオーバーのサイクルは整いやすいのです。

 

ご自身の生活を振り返って、

できる部分は修正していくことも

念頭に入れて対策を取ってみてください。

 

 

老人性イボは、油断するとすぐにできてしまい、

再発もしやすい現象です。

 

ですので、日ごろのちょっとしたポイントを注意して、

少しずつ老人性イボができづらい体質を目指していきましょう!

 

 

⇒老人性イボをコスメで!